【岩手県】風力発電導入構想を策定。導入可能性の高い地区を選定

岩手県は7月6日、風力発電導入の可能性が高いと見込まれる地域を選定した「風力発電導入構想」を策定したと発表した。風力発電の導入を促進していくため、同県内の適地を示し、事業化に向けた取組みを推進するのが目的だ。 岩手県の再生可能エネルギー賦存量は、総務省の「緑の分権改革」推進会議の推計で全国2位。なかでも風力の潜在能力が高いと見込まれている。この恵まれた風力を活用した風力発電の促進は、同県が掲…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー