【年頭所感・2018年:協会・団体・自治体②】門川 大作(指定都市自然エネルギー協議会会長/京都市長)「自然エネルギーによる 持続可能な社会の構築に向けて」

あけましておめでとうございます。新年を迎えるに当たり、皆様の御多幸を心からお祈りいたします。 東日本大震災及び福島原発事故を受け、エネルギーの大消費地である指定都市は、率先して自然エネルギーの導入を図っていくことが、社会から求められるようになりました。 そこで我々は、地域特性を生かした分散型の自然エネルギーの導入を加速させることを目的に、「指定都市自然エネルギー協議会」を2011年7月…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー