【年頭所感・2018年:協会・団体・自治体④】髙本 学([一社]日本風力発電協会 代表理事)「風力発電の大量導入時代に向けて」

日本風力発電協会(JWPA)では、我が国における風力発電の本格的な導入拡大を実現することを目指して、「JWPA Wind Vision Report」を2016年2月に策定した。JWPAでは2014年6月に中長期の導入目標値V4.3(2020年1,090万kW、2030年3,620万kW、2050年7,500万kW)を発表した。一方、2015年7月政府によりとりまとめられた2030年のエネルギーミ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー