【情報通信研究機構/横河電機/京都大学】インフラ制御ネットワークを可視化。セキュリティトラブル監視・検出に貢献

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、横河電機、京都大学は協同研究の結果、トラフィック(ネットワーク上に流れる情報)を監視画面上に分析・可視化する技術を開発した。電力・ガス・水道などのインフラの制御システムネットワーク健全性確認が主眼に置かれている。 この可視化技術によりマルウェア感染等のセキュリティインシデントを早期に発見することが可能になる。 制御システムは汎用性を高めるた…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー