【日本海事協会】日台関連機関間で協定締結。大型風力発電設備の共通規格など確立へ

一般財団法人日本海事協会(ClassNK)はこの10月、風力発電設備の試験などを実施する台湾の金属工業研究発展中心(MIRDC)との間で、風力発電に関する業務協定を締結した。 この協定に基づき両者は、大型風力発電設備に関する日台共通の規格確立、風車型式試験・認証サービスでの協業、及び両者がこれまでに蓄積したノウハウの活用を進めるとしている。 [写真・上:10月21日、台北での協定調印式の様…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー