【日産自動車】電気自動車を全国自治体に3年間無償貸与する事業開始

日産自動車は9月2日、同社製の電気自動車(EV)である「e-NV200」を47都道府県の自治体に3年間無償貸与する「電気自動車(e-NV200)活用事例創発事業」を開始すると発表した。 「e-NV200」は、同社の商用バン「NV200バネット」をベース車両としている。最大1500Wの電力を供給するパワープラグによって屋外での電源供給が可能。事業の中ではEVの「走る蓄電池」としての機能も活かし…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー