【日産自動車】電気自動車を全国自治体に3年間無償貸与する事業開始

日産自動車は9月2日、同社製の電気自動車(EV)である「e-NV200」を47都道府県の自治体に3年間無償貸与する「電気自動車(e-NV200)活用事例創発事業」を開始すると発表した。

「e-NV200」は、同社の商用バン「NV200バネット」をベース車両としている。最大1500Wの電力を供給するパワープラグによって屋外での電源供給が可能。事業の中ではEVの「走る蓄電池」としての機能も活かし、自治体によって「静粛性や給電機能を活かした各種作業車両として」、「災害時の蓄電池として」、「中山間地域でのガソリンスタンド減少対策として」などへの活用が期待される。

本事業により日産は、「e-NV200」の特長を活かした活用事例を積み上げ全国に水平展開することにより、EVの更なる普及を目指すとしている。

[画像:8月19日には、島根県松江市が管理する松江城天守の国宝指定を記念して「e-NV200」が松江市に寄贈された 提供:日産自動車]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る