【東京ガス】埼玉県~茨城県を結ぶLNG幹線パイプライン「埼東幹線」の建設工事完了

東京ガスは10月16日、LNG(天然ガス)の新たな幹線パイプライン「埼東幹線」が完成したことを発表した。ガスの供給も既に開始されている。

同パイプラインは、埼玉県草加市の柿木ブランチステーションと、茨城県古河市の古河ガバナステーションとを結ぶ。埼玉県および北関東地区における天然ガスの普及促進と安定供給、ならびに関東地区全域における天然ガスパイプラインの整備・拡充が目的だ。総延長は40.2kmで、この完成により東京ガスは首都圏を中心に941kmの7MPa高圧導管網を保有することになる。

このパイプライン整備は、東京ガスが2011年に掲げた事業計画「チャレンジ2020ビジョン」に則った展開だ。2016年3月の日立LNG基地の運用開始予定に合わせ、東京湾内の扇島・根岸・袖ケ浦の既存3基地と日立基地が連携することで、供給インフラ全体の安定性向上を図っている。これにより、ガス需要の増加に対応した製造・供給インフラを構築するとともに、幹線のループ化を図ることにより、関東圏全域のエネルギーセキュリティ向上を目指す。

なお東京ガスは、さらに広域な連携体制構築を目指した事業計画も立てている。

<埼東幹線の概要>
始点/終点:柿木ブランチステーション(埼玉県草加市)/古河ガバナステーション(茨城県古河市)
圧力/口径:7MPa/600mm
全長:40.2km
着工:2011年10月
竣工:2015年10月

 

《外部リンク》

東京ガス「チャレンジ2020ビジョン」概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る