【東京電力】スマートメーターの計測データを提供開始

東京電力は、今年2月から多摩支店サービスエリアにおいてスマートメーターシステムを活用した一部サービスを提供してきたが、7月から新たに、スマートメーターが設置された管内全域の契約者に対して、「電力使用量の見える化」や「契約アンペア変更の簡素化」につながるサービスの提供を順次開始した。

なお現在、スマートメーターについては、同社サービスエリア全域で約220万台(6月20日時点)が設置されている。今後は設置ペースを加速し、2016年度までに約1000万台、2020年度までにすべての顧客への設置完了(約2700万台)を目指す。

[画像:スマートメーターオペレーションセンターの概要(出所:東京電力)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る