【東北電気安全保安協会】福島県南相馬市に「技術研修用太陽光発電所」完成

東北地区で家庭の漏電調査、工場やビルの電気設備の保安管理業務、試験・技術業務などを行っている東北電気安全保安協会(本部:宮城県仙台市)は9月16日、福島県南相馬市原町区に出力583kWの技術研修用太陽光発電所「相馬野馬追の里 ほあんソーラー」を建設し、竣工式を開催した。すでに8月より研修をスタートしており、今後4年間で約1,000名の技術者育成を図る。 1万9,761㎡の建設地は、南相馬市よ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー