【東芝】自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を初受注。ハウステンボス運営のホテルに来年設置へ

東芝は10月7日、テーマパークを運営するハウステンボス(長崎県佐世保市)から、水素エネルギー供給システム「H2One」を受注したことを発表した。ハウステンボスのホテルである「変なホテル」の第二期棟に2016年3月設置される予定だ。 [画像・上:ハウステンボス「変なホテル」に納入される東芝H2One外観(提供:東芝)] 再エネの電力で水の電気分解を行い水素を製造、貯蔵し、さらに燃料電池で…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー