【東芝燃料電池システム】同社初となる集合住宅向けのエネファームを開発・出荷。都市ガス・LPガス両対応

[画像・上:マンション内のパイプシャフト(給水管・ガス管等収納スペース)に設置された集合住宅向けエネファーム(提供:東芝燃料電池システム)] 東芝グループで燃料電池を扱う東芝燃料電池システムは、都市ガス会社の山口合同ガス(山口県下関市)に対し集合住宅向けの「エネファーム」の出荷を10月から開始した。初回出荷は24台。2016年1月までに、アカマツ興産(山口県下関市)が建設を進めている集合住宅…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー