【東邦ガス】独自開発の省エネ診断ソフトが環境省「家庭エコ診断制度」認定取得

[画像・上:「eごこち診断」を用いた省エネ診断の様子(提供:東邦ガス)]

東邦ガス(名古屋市熱田区)は10月、同社の家庭向け省エネ診断ソフト「e(い)ごこち診断」の「じっくり診断<マイホーム発電>」を活用した省エネ提案の取り組みについて、環境省「家庭エコ診断制度」の認定を受けたことを発表した。

「eごこち診断」は東邦ガス、西部ガス大日本印刷の3社が共同開発した。家族構成や住宅設備・機器の種類、利用状況などのデータに基づき水道光熱費のシミュレーションや住みやすさを診断。省エネ・省CO2対策とその効果などを提案する一般ガス事業者専用ツールだ。

省エネ機器に買い替えた場合の光熱費削減額、CO2削減量などをその場でシミュレーションし、暮らしの改善アドバイスや省エネ機器への買い替え・空間リフォームのニーズ発掘・喚起ソリューションとなることを目的としている。

「eごこち診断」のタブレット端末画面イメージ(提供:東邦ガス)

「eごこち診断」のタブレット端末画面イメージ(提供:東邦ガス)

今回環境省の認定を受けたのは、「eごこち診断」のうち「じっくり診断<マイホーム発電>」の機能。これは、顧客の家族人数、住まいの築年数や構造、設備の種類や使用状況に基づき、エネファームや太陽光発電等の導入による住まい全体の水道光熱費の節約額やCO2削減量を試算するサービスだ。2014年9月の導入以来、専用のタブレット端末を活用した診断により顧客のニーズを把握し、水道光熱費のシミュレーションに基づく改善提案や省エネ行動のアドバイスを通じて、エネファームをはじめ高効率で快適・安全なガス機器の拡販やリフォームの提案につなげているとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る