【水ing】茨城と山形の浄化センターで消化ガス発電所が同時稼働

[画像・上:茨城県守谷市の浄化センターで行われた送電開始式の様子(守谷市長の会田真一氏ほかにより送電スイッチが押された) ] 水道事業に広くソリューションを提供する水ing(千葉県袖ケ浦市)は10月1日、茨城県守谷市と山形県鶴岡市でそれぞれ建設を進めてきたバイオガス発電所の送電開始式を、2カ所同時に開催した。いずれも市の浄化センター内に造られたもので、下水処理工程で発生する消化ガスを燃料とし…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー