【水ing】茨城と山形の浄化センターで消化ガス発電所が同時稼働

[画像・上:茨城県守谷市の浄化センターで行われた送電開始式の様子(守谷市長の会田真一氏ほかにより送電スイッチが押された) ]

水道事業に広くソリューションを提供する水ing(千葉県袖ケ浦市)は10月1日、茨城県守谷市と山形県鶴岡市でそれぞれ建設を進めてきたバイオガス発電所の送電開始式を、2カ所同時に開催した。いずれも市の浄化センター内に造られたもので、下水処理工程で発生する消化ガスを燃料として発電を行うシステムだ。

守谷浄化センターの消化ガス発生施設

守谷浄化センターの消化ガス発生施設

両事業とも、水ingの資金とノウハウを活用して実施するBOO(民設民営)方式であり、自治体側に資金負担はない。同社は発電した電力を、固定価格買取制度を用いて売電することにより、20年間の事業運営を行う。市は、借地とガスの売却によって得た資金を老朽化などが懸念される下水道施設の改修などに充てることができる。

守谷浄化センターには、出力25kWのバイオマスエンジン7機が設置され、年間140万kWhの発電量を見込む。消化ガスの燃料利用により年間550tの二酸化炭素削減効果も期待できる

守谷浄化センターには、出力25kWのバイオマスエンジン7機が設置され、年間140万kWhの発電量を見込む。消化ガスの燃料利用により年間550tの二酸化炭素削減効果も期待できる

水ingは総合水事業会社として汚泥ソリューション技術や豊富な運転管理実績を有しており、下水処理に影響を与えることなく発電事業を最適化するノウハウには定評がある。同社は今後も全国の自治体と協議を進め、各地の状況に合わせた消化ガス発電事業の提案を行っていく考えだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る