【沖縄電力】南国島嶼の暴風に対応。多良間島で「可倒式」風車の運転開始

[画像・上:風車傾倒時の様子] 沖縄電力はこのほど、沖縄県多良間村の多良間島で、可倒式風力発電設備の営業運転を開始した。沖縄の離島では台風被害が多く、風力発電設備にとって強風対策は大きな課題となっている。宮古島の南西54kmの距離に位置する人口1,206人の多良間島は台風の常襲地域でもある。島には沖縄電力が管理する新多良間発電所が置かれ、島内で使用される電力は200~500Wのディーゼル発電…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー