【田淵電機】パワコン生産体制を強化。タイの新たな生産拠点完成

[画像・上:Thai Tabuchi Electric Co., Ltd.の敷地内に完成した新工場(提供:田淵電機)]

田淵電機株式会社(大阪市淀川区)は、タイのグループ会社Thai Tabuchi Electric Co., Ltd. (以下、タイ国田淵電機)内で進めていた新工場の建設工事を9月14日に完了。本格稼働に移行し製品出荷を開始した。今後の需要動向次第ではさらなる生産ラインの拡充も検討するとのことだ。

新工場の竣工式の様子(提供:田淵電機)

新工場の竣工式の様子(提供:田淵電機)

タイ国田淵電機は東南アジアを管轄するグループ拠点として1987年に設立。当初は高周波・低周波トランス生産が主だったが、近年は太陽光発電用のパワーコンディショナにも事業領域を広げている。

今回の生産体制強化は、世界的な太陽光発電の普及に伴う関連機器の需要増に対応するための措置。タイの新工場は主に北米向けパワーコンディショナの供給拠点として機能する予定だ。

 

<タイ国田淵電機の概要>
所在地:88 Moo 5 Bangna-Trad Highway, Tambol Bangsamuk,Amphur Bangpakong, Chachoengsao 24130, Thailand
代表者:社長・杉谷純之介
資本金:1億タイバーツ(約3億4,000万円)
面積:敷地33,000㎡、既存工場13,500 ㎡、新工場6,400 ㎡
生産品目:パワーコンディショナ、エアコン用リアクタ、各種電気機器用トランスほか
初期投資:1280万米ドル(約15億5000万円、新工場分)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る