【福島県富岡町】福島第一原発20㎞圏内初のメガソーラー、売電利益の一部を復興支援へ

シャープは7月13日、同社と芙蓉総合リースの共同出資による「合同会社クリスタル・クリア・ソーラー」が福島県富岡町でメガソーラーの商業運転を開始したと発表した。同町の富岡工業団地内で建設を進めてきた「シャープ富岡太陽光発電所」で、すでに6月30日から稼働している。福島第一原発事故から20km圏内で初めて整備されたメガソーラーとなる。 同町が所有する約3.1haの敷地を借り、ソーラーパネル859…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー