【積水化学】V2HがPHEVにも対応。エネルギー効率と経済性がさらに向上

電気自動車(EV)など、電池を搭載した自動車と住宅を連系し電力を融通しあうシステム、V2H(Vehicle to Home)。積水化学は2014年以降、このV2Hを装備する新築住宅シリーズ「V to Heim(ハイム)」を展開。同シリーズは7月末時点までで累計380棟の納入実績がある。 [画像・上:外観例。PHEVの対応車種は三菱自動車のアウトランダー(提供:積水化学)] この8月27…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー