【第一東京弁護士会】洋上風力発電における法的課題から「再エネと法曹界」の関係を再考する

第一東京弁護士会環境保全対策委員会は9月、弁護士会館(東京都千代田区)において、環境・エネルギー法フォーラム「洋上風力発電の法的課題の克服に向けて」を開催した。日本風力発電協会協力のもと、風力発電関連事業者やコンサル、金融機関など幅広い業種から約120名が参加した。 FIT以降、太陽光を中心に再生可能エネルギーは急速に普及してきたが、海洋大国日本において、洋上風力発電の潜在的ポテンシャルは抜…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー