【紙面特集】「水素社会」実現のプロセス

《紙面の内容》

水素社会実現までのスケジュールを確認する。水素が真に「究極のエネルギー」になるための、再エネとの関係性を問う。

●特別寄稿 東京農工大学名誉教授・水素エネルギー協会会長 亀山秀雄氏 連続講座『再エネと水素で地方創生を①』

●インタビュー 経済産業省 資源エネルギー庁 星野昌志氏『「ロードマップ」の時間軸 ~経産省の取組』

●水素開発最前線 環境省/北海道/東芝/産総研 福島再生可能エネルギー研究所(FREA)/SIP/NEDO/パナソニック ほか

《詳細は紙面にて》

[画像・上:世界初の量産型燃料電池自動車、トヨタMIRAI]

水素_ENEOS

[画像・下:水素インフラ構築に向けた提携が、国や地方自治体、企業間で広がりつつある]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る