【経済産業省】エネルギーミックス決定。再エネ比率22~24%(2030年)

経済産業省は7月16日、「長期エネルギー需給見通し」を決定した。日本における2030年のエネルギーミックス(電源構成)について、目安とすべき具体的数値を定めたものだ。6月1日に取りまとめられ、パブリックコメントにかけられていた案と数値はまったく変わっていない。2030年に想定される総発電電力量に占める各電源の割合は次の通りだ。 ●再エネ 22~24%程度 ●原子力 20~22%程度 ●L…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー