【英弘精機】産業用太陽光発電施設の価値を評価する新サービス開始

日射計や日照計などの計測機器メーカーである英弘精機(東京都渋谷区)はこのほど、産業用太陽光発電施設の転売希望者を支援する目的で、施設の価値を評価するサービスを開始した。長年築いてきた太陽電池評価のノウハウを今回スタートするサービスで活かし、様々な顧客ニーズに対応していく考えだ。

[画像:2013年4月に開所した『EKO・あみソーラーパーク』(茨城県阿見町)。英弘精機が自社製モニタリングシステムを用いて運営しており、この運営ノウハウも今回の新サービス展開の一助となった(提供:英弘精機)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る