【薩摩川内市】竹バイオマス産業都市協議会設立。豊富な竹を活かし産業振興

鹿児島県薩摩川内市は7月13日、市内に存在する竹の未利用部分の有効活用などを促す産学官連携組織「薩摩川内市竹バイオマス産業都市協議会」を設立した。放置竹林の防止や収集のみならず、竹資源を再生可能な有機性資源(バイオマス)として捉え直し、産学官で協力して未利用部分の有効利用を促し、産業振興や雇用創出につなげようというものだ。 協議会には、同市のほか、阿久根市、さつま町など行政、同市内外の企業や…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー