【西部ガスグループ】「エネ・シード北九州 第2太陽光発電所」建設

西部ガスは8月7日、同社北九州工場跡地の未利用地部分に、「エネ・シード北九州太陽光発電所」を建設すると発表した。発電規模は2.4MW、年間発電量は一般家庭約700世帯分の使用量に相当する250万kWh。8月下旬に着工し、本年12月下旬に運転を開始する予定。投資額は約6億2000万円。 同発電所の建設地の若松区響灘地区には、太陽光発電所、陸上・洋上風力発電所、バイオガス発電所など自然エネルギー…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー