【長崎県雲仙町】温泉発電で街を活性化。小浜温泉バイナリ―発電所発電開始

長崎県雲仙市の小浜温泉の未利用温泉水の一部を利活用した「小浜温泉バイナリー発電所」(同小浜町)がこの9月、発電を開始した。定格出力は180kW、年間売電量は一般家庭220世帯分の消費電力量に相当する79万2,000kWh。 地元主体で地熱利用に取り組む「小浜温泉エネルギー活用推進協議会」が2011年に同町に発足し、その実行組織として地元の温泉事業者と長崎大学の産学連携により「一般財団法人小浜…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー