【関西電力】水力発電事業拡大に向け、3地域に「水力調査所」設置

[画像・上:調査所の範囲(近畿、東海、北陸各水力調査所)] 関西電力はこのほど、本年6月に新設した「水力事業本部」内に、水力開発地点の発掘・調査を行う「水力調査所」を新たに設置した。水力エネルギーを有効活用しつつ、水力事業の持続的な成長を実現するための戦略だ。近畿、東海、北陸地方に各1カ所ずつ設置し、近畿水力調査所は本店のある大阪府大阪市、東海水力調査所は愛知県名古屋市、北陸水力調査所は富山…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー