【鹿島建設】着床式洋上風力発電用・基礎施工法を開発

鹿島建設はこのほど、同社が今夏開発した洋上風力発電設備の海上作業構台「Kプラットフォームコンボ」を用いた2形式の基礎施工法を開発した。着床式洋上風力発電施設で想定される「モノパイル形式」と「トリポッド形式」の2つの基礎形式について、Kプラットフォームコンボを用いた施工条件と施工手順、コスト、工期などを検証し、洋上風力発電設備用の基礎施工法として確立したという。 着床式洋上風力発電が先行する欧…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー