【JOGMEC】地熱資源探査事業で初、岩手地熱に出資決定

経済産業省が所管する独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は7月27日、岩手地熱(岩手県八幡平市)による岩手県松尾八幡平地域での地熱資源探査事業に関して出資基本契約を締結したと発表した。JOGMECの出資事業は、企業のリスクの一部を負担するため、地熱資源開発を行うプロジェクト会社に、地熱資源の探査に必要な資金を出資という形で供給するもの。JOGMECは2012年9月より地熱資源に関する調査助成や債務保証などの支援事業を進めてきたが、出資による事業支援は今回が初めて。

岩手地熱は2011年、JFEエンジニアリング、日本重化学工業、地熱エンジニアリングの3社により設立。その後、三井石油開発が出資者に加わり、岩手県松尾八幡平地域で地熱発電の事業化に向けた各種調査を実施してきた。2012年度から2014年度まで、JOGMECから助成金の交付を受けて地熱資源開発調査事業を行い、今年6月、事業化に向けた探査事業への移行を決定した。同地域に地熱発電施設を建設し、想定発電規模7000㌗ 級の発電設備による送電開始を目指している。同地域は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による地熱調査において、地熱発電が可能と想定される250度を超える貯留層が確認されているエリアに位置する。

JOGMECは岩手地熱の要請を受け、技術的事項や経済的事項など採択審査基準を満たすと判断し、出資対象事業として採択した。本プロジェクトにおける本年度の探査事業費の24・99%に当たる額を出資する。出資見込み額は約5.5億円。

[画像:プロジェクト位置図(国土地理院 電子国土Web)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る