【NEC】再エネ導入進むカリフォルニアで2.4MW蓄電システム納入

NEC蓄電システム事業の攻勢が北米で続いている。先月、米東海岸で同社の出力60MWクラス蓄電システムの導入が決定したが、この7月には西海岸のカリフォルニア州オレンジ郡に、出力2.4MW、容量3.9MWhのシステムを納入・設置したことを発表した。

納入先はカリフォルニアの大手電力会社・サザンカリフォルニアエジソン社(SCE)で、蓄電システムの基幹ユニットは、リチウムイオン蓄電池本体・コントロールシステム・パワコンからなるNECの蓄電ソリューション「GSS」だ。

[画像:今回納入された蓄電システムラック]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る