【NEDO】多端子直流送電システム開発へ。洋上風力の長距離送電を目指す

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月30日、大規模な洋上ウィンドファーム(風力発電システムを複数基配置した発電所)の導入を拡大するため、複数の洋上ウィンドファームから発電される電力を、複数の洋上変電所で集電・直流変換して、複数の陸上変電所へ送電する「多端子直流送電システム」の開発に着手することを発表した。

洋上変電所と陸上変電所の間や洋上変電所の間を、送電ロスが少ない直流で送電することにより、発電電力を効率的に長距離送電することが可能となる。また、多端子化することで、大規模需要地から離れた複数のウィンドファームで発電される電力を、陸上変電所を新設することなく、既存の接続可能量の大きい系統へ効率的に送電することができる。

【研究開発内容】

1.多端子直流送電システムを適用した洋上ウィンドファームのシステム検討

2.大容量直流遮断器や送電ケーブル等の要素技術の開発

[画像:「洋上風力発電対応・多端子直流送電システム」の全体イメージ(資料:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO))]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る