【NEDO】新たな「洋上風況マップ」を作成。開発に必要な情報を一元化

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月17日、風況情報や環境情報など洋上風力発電を計画する上で必要な情報を、日本で初めて一元化した「洋上風況マップ」を作成することを明らかにした。NEDOが銚子沖と北九州市沖で行ってきた洋上風況観測実証事業などの成果が活かされることとなる。

同マップには、高精度の数値シミュレーションから得られる風況情報に加えて、水深、海底地質等の環境情報、港湾区域、航路等の社会環境情報など、洋上風力発電を計画する上で必要な種々の情報が盛り込まれる。事業化を検討する際の基礎情報に加えて、ファイナンス、保険など様々な場面に活用される「洋上風況マップ」となることが目指されている。

風力発電の導入拡大には、陸上のみならず、洋上への展開が不可欠となっている。一方で、洋上風力発電は陸上風力発電に比してコストが高いことなどから、事業性を判断する上で精度の高い風況マップが必要とされてきた。NEDOは、今回のマップ作成を通して、洋上風力発電の事業化加速を図っていきたい考えだ。

今後のスケジュールとしては、2015年度末を目処にデモ版を公開し、外部からニーズや利便性等に関する意見を聞き取り、それらを反映した最終版を2016年度末に公開する予定。なお、事業の委託予定先は、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人神戸大学、アジア航測株式会社、株式会社風力エネルギー研究所。事業予算は、約2.5億円(2年度間)となっている。

【問合せ先】NEDO新エネルギー部

▶℡ 044-520-5273

[画像:Ⓒ新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る