【NEDO】次世代CO2回収型・石炭ガス複合発電システム開発に着手

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8月11日、発電時に発生するCO2をほぼ全量回収し、最先端の石炭火力発電所と同水準の42%の発電効率を達成する次世代型石炭ガス化複合発電システム(IGCC)の開発を開始すると発表した。期間は2015年~2019年。委託予定先は、電力中央研究所、三菱重工業、三菱日立パワーシステムズ。事業総額は約45億円。 新たに開発に着手する次世代IGCCシステ…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー