【NEDO/NTTファシリティーズ】米国で高電圧直流給電実証開始へ。従来比で15%の省エネ化目指す

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は米国・テキサス州と、同地のデータセンターの省エネ化を推進する高電圧直流(HVDC)給電システム実証を行うことで合意に達した。 国内技術の海外展開促進などを目標に掲げている「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業」の一環で、事業委託先はNTTファシリティーズ。 同社はテキサス大学オースチン校の先端コンピュータセンター(TACC)に…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー