【NTTコミュニケーション】スマホのアプリによる見守りサービス実証開始

NTTコミュニケーションズは、見守りサービス「おげんきりずむ(仮称)」の実証試験を8月より開始する。 一人暮らしの高齢者世帯などの分電盤に、IoT(ヒトを介しないモノのインターネット)機器センサーを設置。利用電力の推移から生活リズム(睡眠時間/外出時間/在宅活動時間)を判断し、結果を利用者のスマートフォン用アプリで「見える化」するサービスだ。 利用電力の上昇や下降が生じたとき、家電製品…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー