【NTTコミュニケーション】スマホのアプリによる見守りサービス実証開始

NTTコミュニケーションズは、見守りサービス「おげんきりずむ(仮称)」の実証試験を8月より開始する。

一人暮らしの高齢者世帯などの分電盤に、IoT(ヒトを介しないモノのインターネット)機器センサーを設置。利用電力の推移から生活リズム(睡眠時間/外出時間/在宅活動時間)を判断し、結果を利用者のスマートフォン用アプリで「見える化」するサービスだ。

利用電力の上昇や下降が生じたとき、家電製品などの自動的な動作によるものと人間の自発的な機器操作によるものを峻別し、居住者の宅内での行動の有無を推定する独自技術、行動活性度判定技術が応用されている。

また、過去と比較した変化も知ることができるほか、居住者が長時間活動していない場合には「ちょっと心配メッセージ」などが通知される。

実証は金沢西病院(石川県金沢市)と連携して行われる。「かなり心配メッセージ」(24時間継続して電力使用に変化がない場合)」などの機能も併せて実装される製品版は、2016年春からの発売が予定されている。

[画像:「おげんきりずむ(仮称)」実証試験の機能イメージ(提供:NTTコミュニケーション)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る