【ZEエナジー/ZEデザイン】木質ガス化発電所開設へ向け、山形県最上町と協力体制構築

2000kW以下のバイオマス発電装置等を手掛けるZEエナジーと、そのグループ会社で再生可能エネルギー発電事業者のZEデザインは7月28日、山形県最上町と木質バイオマスガス化発電事業について協力体制構築に関する覚書を締結したことを発表した。施設の発電規模は1000kW。10月に着工し、2016年10月に発電を開始する予定だ。木質ガス化発電所の開設は、ZEデザイン社としては初めてとなる。 施設で…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー