【ICEF2017レポート】気候変動対策として議論する「スマートエネルギー&デジタル化」(上)ブロックチェーンの可能性

エネルギーや環境分野での技術イノベーションによって気候変動問題の解決を図るため、産学官の世界のキーパーソンが集結する国際会議、ICEF(International Cool Earth Forum、運営委員長=田中伸男・笹川平和財団会長)。安倍晋三総理の提唱で2014年から開始された。主催は経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)。今回は、10月4日と5日に都内で開催。毎年開催で…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー