【JFEエンジニアリング】ごみ焼却発電プラント受注。ミャンマー初のJCM適用

[画像・上:ごみ焼却発電プラントの完成予想パース] JFEエンジニアリングは11月12日、ミャンマーと日本との間のJCM(二国間クレジット制度)事業を活用して同国ヤンゴン市が建設する、同国初のごみ焼却発電プラントを受注したと発表した。同社はごみ焼却発電プラントの設計・建設を担い、2017年の完成後、ヤンゴン市が運転を行う。 JCMは、日本の優れた技術やシステム等を途上国に提供し、それに…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー