【NEC】太陽光余剰電力の抑制量を配分する出力制御技術、開発

日本電気(以下NEC)は8月24日、東京大学生産技術研究所荻本和彦特任教授、東京農工大学工学研究院池上貴志准教授と共同で、太陽光発電による余剰電力の抑制量を適切に配分する出力制御技術を開発したと発表した。本技術を電力システムの運用シミュレーションを用いて評価した結果、従来の手法と比べ、発電の抑制量を2/3に抑えられることが検証できたという。 現状では、発電量は天候に依存して大きく変化し不安定…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー