【NEC】太陽光余剰電力の抑制量を配分する出力制御技術、開発

日本電気(以下NEC)は8月24日、東京大学生産技術研究所荻本和彦特任教授、東京農工大学工学研究院池上貴志准教授と共同で、太陽光発電による余剰電力の抑制量を適切に配分する出力制御技術を開発したと発表した。本技術を電力システムの運用シミュレーションを用いて評価した結果、従来の手法と比べ、発電の抑制量を2/3に抑えられることが検証できたという。

現状では、発電量は天候に依存して大きく変化し不安定なため、季節や時間帯によっては、大幅な余剰電力の発生が予想されている。出力変動の大きな太陽光発電では、確実な電力需給バランスを保つため、電力会社が発電事業者に求める出力抑制量が過大となる可能性がある。

今回、NECが共同開発した技術は、太陽光による発電量を高精度に予測すると同時に、予測値のずれ幅を把握できる。抑制量の公平な割り当てを行うことが可能になり、複数の発電事業者に対し抑制量を一斉に配分できる。

新技術の大きな特長は、太陽光発電量の高精度な予測にある。この予測は、天気予報のような当たる確率(予測確率)を有する「信頼度つき発電量予測」技術などによって実現した。雲の量や気温などの気象条件を使った独自の指標が用いられている。対象日の発電量の信頼度を予測する際には、過去の気象変化の類似性に着目し、数千を超える気象条件の組み合わせから、気象の類似度合いを活用する。

予測値のズレ幅が算出できることで、電力会社やエネルギー管理サービス事業者は、上下限値内の複数の場合に対する制御の仮説が立てられるようになり、より適切な出力抑制量を設定し、配分できるようになる。

[画像:NECが開発した出力制御手法 ⒸNEC Corporation]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る