【NEC】蓄電を効率的に制御可能なHEMS発売。クラウド型・スマートメーター連携で今後に多様な展開も

日本電気(NEC)は、気象予報から太陽光発電量を予測し、NEC製小型蓄電システムの充電タイミングを自動制御するクラウド型HEMSを発売した。販売は法人を対象にしている。 [画像・上:クラウド型HEMS本体(提供:NEC)] この制御により太陽光発電や安価な深夜電力などのエネルギーを蓄電システムに効率的に貯蔵・利用可能で、ZEHでの活用も念頭にエネルギー自給自足のための蓄電システム構築に…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー