【NEDO】タイでのバイオエタノール製造技術、コスト削減を実証

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月12日、タイ国内に設置したバイオエタノール製造プラントにおいて、製造コスト削減技術の有効性を実証したと発表した。NEDOとタイ科学技術省国家イノベーション庁(NIA)が2011年度から行っている実証事業で、原料にはキャッサバイモからデンプンを抽出した後の残渣であるキャッサバパルプを使用した。

タイでは、キャッサバパルプが未利用のまま大量廃棄されている。これをバイオエタノールの原料に利用すれば、トウモロコシなどの可食植物を原料とする第1世代バイオ燃料と異なり食糧用途と燃料用途の競合が起きない。NEDOはそこに着目した。

サッポロビールと磐田化学工業に委託し、2011年度から「キャッサバパルプからのバイオエタノール製造技術実証事業」を開始。2014年4月、同国サケーオ県のEBPエターナル社タピオカデンプン工場内にプラントを竣工し、実証運転を始めた。この実証には、2社が開発した高温発酵酵母によるバイオエタノール製造技術(食物繊維を含んだ高粘性の原料から効率よくバイオエタノール製造を行う技術)が用いられた。

具体的には、高温発酵酵母の使用と、糖化と発酵を同時に進める操作方法(並行複発酵)を組み合わせた。発酵工程における冷却エネルギーの低減、さらに酵素を投入するタイミングと投入量を工夫した結果、1ℓ当たり15バーツという製造コスト目標の達成が可能になった。

NEDOはこの成果をタイ国内企業等に周知するため、11月11日、バンコク市内で普及セミナーを開催した。NEDOは今後、タイ国内にとどまらず、キャッサバイモの栽培を行っている東南アジア地域への同技術の普及拡大により、温室効果ガスの排出削減を目指す。また、サッポロビール磐田化学工業は今後、事業化に向けた商用モデルの設計・調査を開始する予定だ。

[画像・上:エタノール製造フロー 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る