【NEDO】タイでのバイオエタノール製造技術、コスト削減を実証

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月12日、タイ国内に設置したバイオエタノール製造プラントにおいて、製造コスト削減技術の有効性を実証したと発表した。NEDOとタイ科学技術省国家イノベーション庁(NIA)が2011年度から行っている実証事業で、原料にはキャッサバイモからデンプンを抽出した後の残渣であるキャッサバパルプを使用した。 タイでは、キャッサバパルプが未利用のまま大量廃…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー