【NEDO】国内初の着床式洋上風力発電所である銚子沖と北九州市沖の実証研究成果公表

[画像・上:銚子沖の洋上風車 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)] 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖の2か所で、洋上の風向と風速を観測する洋上風況観測タワーと実際に洋上で発電を行う洋上風車を実海域に設置するプロジェクトを2009年度より実施している。銚子沖では2013年3月より、北九州市沖では2013年6月より運転を開始、実証…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー