【NEDO】国内初の着床式洋上風力発電所である銚子沖と北九州市沖の実証研究成果公表

[画像・上:銚子沖の洋上風車 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)]

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖の2か所で、洋上の風向と風速を観測する洋上風況観測タワーと実際に洋上で発電を行う洋上風車を実海域に設置するプロジェクトを2009年度より実施している。銚子沖では2013年3月より、北九州市沖では2013年6月より運転を開始、実証研究を行っている。この2カ所が国内で初めて沖合において大規模洋上風力発電が行われた施設だ。

北九州市沖の洋上風車 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

北九州市沖の洋上風車 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

NEDOはこのほど、その実証研究の成果をまとめた「着床式洋上風力発電導入ガイドブック(第一版)」と「着床式洋上風力発電の環境影響評価手法に関する基礎資料(第一版)」を作成し、NEDOのHPで公開した。
成果に加え、着床式洋上風力発電に関する国内外の最新知見もふんだんに盛り込まれている。

さらに洋上のみならず風力発電全般で重要とされる環境影響評価に関して、その事例や評価成果や既往調査資料などを、着床式洋上風力発電に係る環境影響評価事例として詳細にまとめられている。洋上風力に関する国内事例の少なさに比例して参考・参照すべき環境影響評価事例が少ないのが現状の中、今後業者が事業展開を検討する際にもひじょうに貴重な資料となりそうだ。

銚子沖・北九州市沖での実証研究は2016年度まで実施される予定だ。事業終了後に、得られた風況や設備利用率などのデータ、洋上風車設備メンテナンス手法、周辺海域への環境影響などについて盛り込んだ最終版のガイドブックと基礎資料が公表される予定になっている。

ガイドブックと基礎資料は、以下のNEDOウェブサイトからダウンロード可能だ。

《外部リンク》
着床式洋上風力発電導入ガイドブック/着床式洋上風力発電の環境影響評価手法に関する基礎資料

《関連記事》

《データ》【NEDO】「日本における風力発電設備・導入実績」を調査・公表。国内の風力発電設備容量は2015年3月で約293万kWに(2015/9/28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る