【NEDO/カネカ】両面電極型結晶シリコン太陽電池の変換効率25.1%。実用サイズのセルで達成

[画像・上:高効率ヘテロ接合結晶シリコン太陽電池(開発品) 提供:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)] カネカ(大阪市北区)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「太陽光発電システム次世代高性能技術の開発」プロジェクトの成果をもとに、両面電極型ヘテロ接合結晶シリコン太陽電池においてセル変換効率25.1%を達成した。 カネカが開発した高品質のアモルファスシリコン…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー