【NEDO/東芝】仏リヨン市で新たなスマートコミュニティ事業開始。「ZEB」超える「PEB」構築めざす

[画像・上:PEB実証が開始されたフランス・リヨン市にあるHIKARIビル(提供:東芝)] 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とその事業委託先である東芝は9月、フランス南東部の街リヨン市で行っているスマートコミュニティプロジェクトで、新たな実証事業を開始したことを発表した。 今回の事業は、ビル内で生成するエネルギーが消費量を上回る「ポジティブ・エナジ-・ビルディング(PEB…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー