【NEDO/東芝】500kW蓄電システム、スペインで実証開始

東芝はスペインで、電力需要の変動に対応した蓄電池システムによる系統安定化の実証実験を開始したことを発表した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に採択された事業で、実証の場所はスペイン中部マドリッド州アルカラ・デ・エナレス市。同国電力大手のガス・ナチュラル・フェノローサ社(GNF)と共同で運営。既にこの9月に系統連系されており、事業はスタートしている。 この実証は、NEDOが公募した系…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー