【NEDO/竹中工務店ほか】ZEB化推進2技術、実用化にメド。併用で空調エネ消費量60%以上削減目指す

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と竹中工務店は11月、開発中の商用ビル省エネ技術で、2件について2016年2月末にも実用化できる見通しとの発表を行った。 当該技術は以下の通り。 [画像・上:高効率調湿外気ユニット、及び高断熱ファサードの構成(提供:竹中工務店)] ①高効率調湿外気処理ユニット 温度と湿度を別々に制御することで省エネを図れる空調機。竹中工務店が、…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー