【SBエナジー】宮崎県の自動車教習場跡地に1.4MWのメガソーラー稼働

SBエナジーは9月より「ソフトバンク宮崎えびのソーラーパーク」(宮崎県えびの市)の営業運転を始めた。出力規模は約1.4MW。年間予想発電量は一般家庭約448世帯分の年間電力消費量に相当する1,616MWhを見込んでいる。これで同社が所有する稼動済みの太陽光発電所は20基となった。 メガソーラーは通信用機器などを扱う霧島エンタープライズ(同えびの市)が所有する約1.7haの自動車運転教習所の跡…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー