〚リポート〛【バイオマス発電事業化促進WG】バイオマス発電燃料の伐採と搬出 ~間伐材など未利用木材の集材方法改善への取組と課題~

市民キャビネット農都地域部会バイオマス発電事業化促進ワーキンググループは10月13日、「バイオマス発電燃料の伐採と搬出」に関する勉強会を都内で開催した。講師には、バイオマス事業を手掛ける山林所有者や施業者が迎えられ、現場が直面する課題を直に聞くことのできる貴重な機会となった。 神奈川県湯河原に約900haの山林を保有する、Bioフォレステーション代表取締役の近藤亮介氏は、将来を見据えた伐採の…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー