〚リポート〛富士通総研・特別企画コンファレンス「水素社会は実現するのか―日本の挑戦とビジネス機会―」

富士通総研は10月5日、「水素社会は実現するのか―日本の挑戦とビジネス機会―」と題する特別企画コンファレンスを都内で開催した。水素の活用に関する議論が活発化する一方、技術やコスト、制度面での複雑な課題が山積する現状を踏まえ、欧州での状況や定量分析の手法、また行政・民間での実際の取り組みを紹介した。 まず、英インペリアルカレッジ教授のデビット・ハート氏は、欧州では各国の希望を前提に水素活用のた…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー