グリーンファイナンス推進機構、南九州自然エネファンドへ出資決定

グリーンファイナンス推進機構は8月6日、自然電力(福岡県福岡市)が計画する太陽光発電ファンドに 3億円の出資を決定したと公表した。 自然電力は、これまで地域と連携した自然エネルギー事業を展開してきた。また、太陽光発電事業における技術的なノウハウや体制を有している。本ファンドでは、同社の自然エネルギーに関する「目利き力」、地域連携の経験やノウハウを活用する。九州南部3県(鹿児島、宮崎、熊本)を…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー