ソフトバンク、再エネ中心の「自然でんき」 値下げへ

ソフトバンクグループが展開する電力小売事業において、電源として再エネを多く使った電力を供給するメニュー「自然でんき」について値下げを行う。 「自然でんき」は、グループの再エネ発電事業会社であるSBエナジーなどが発電した再エネ電気を中心に、同じくグループの電力小売事業会社であるSBパワーが電力供給を行っている。その電源構成は7割がFIT電気つまり再エネを用いている。その他3割は日本卸電力取引所…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー