ドイツ・負荷平準用10MWの蓄電システムが運転開始【ENERCON/Energiequelle】

ドイツを本拠地にする2社、ENERCON(本社:ブランデンブルク州ツォッセン)と、Energiequelle(本社:ニーダーザクセン州アウリッヒ)が共同で進めていた東部ブランデンブルク州フェルトハイムでの蓄電システム事業が9月、運転を開始した。ENERCONは風力発電タービンメーカー、Energiequelleは風力発電事業デベロッパーだ。 「RRKW」と名付けられたこの蓄電システムは、送電…

記事全文をご覧頂きたい方は、新エネルギー新聞電子版もしくは無料会員登録をお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Find us on Facebook

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る

プライバシーポリシー